反骨一筋 〜栃木県宇都宮市議会議員 西フサミ 活動の軌跡〜

宇都宮市議会議員 西房美 公式サイト - ブログ

2012/2/10

先日の日記でご紹介しました「宇都宮市は市役所のレストランを民間業者に無償で貸与!監査請求で追求します」ですが、今回はマスコミ各社も概ね記事として掲載してくれました。
インターネットでも読める物もあると聞きましたので文末にご紹介します。

一部の記事にありますが、市側で言っている「内規の特例に基づいて」などというのは詭弁です。もし本当にあったとしても、法律や条令を超える内規なんて許されるはずはありません。本気で思っているならそもそも法令に規定され、遵守すべき公務員として失格です。一刻も早く退職なさってください。
また「市の減免基準に従った措置」とあるのも、民間営利企業はその対象にはなっておらず、そもそもが明確な違法行為です。
さらに「昼間だけの営業時間や利用者も限定されており、一般店舗のような賃料での営業は難しい」と言っていますが、今まで何十年も「無償で貸与された市職員互助会が民間企業に有償で又貸し」してきた事実があります。
沢山の税金が還流している市職員互助会ですが、情報公開の対象に入っておらず、全くのブラックボックスであり、彼らが利ざやを稼いだ又貸し金額は不明です。この点も大問題で、私が長年追求し続けていますが力不足で申し訳ありません。

宇都宮市監査委員会はこの監査請求をいまだに「正式に受理していない」という強弁を続けているそうです。私も過去に沢山の監査請求をしましたが、ここまでの対応は初めてです。
監査請求は地方自治法に則った書式であれば受理されるものです。
今回の物はその書式に則ったものですし、内容も「法令に照らして違法」という非常に明確なものです。この関連条文は非常に明確な規定で、他の法令のように曖昧でどうにでも取れるものではありません。

市役所の内部組織である監査委員会(本来は違うが実際は)が、今後どのような答えを出してくるのか、皆さんもしっかり見守ってください。

「レストラン家賃、100%減免は違法」(2012年02月09日/朝日新聞)
http://mytown.asahi.com/tochigi/news.php?k_id=09000001202090002

「監査請求:宇都宮市庁舎「食堂無償貸与は違法」 市議、家賃の1635万円を市に返還求め /栃木」(毎日新聞 2012年2月9日 地方版)
http://mainichi.jp/area/tochigi/archive/news/2012/02/09/20120209ddlk09010180000c.html

「レストラン使用料タダは問題、宇都宮市議が監査請求」(2012.2.10 02:11/産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/region/news/120210/tcg12021002110003-n1.htm

 

※写真は2月9日に掲載された新聞記事を切り抜いてまとめたののです。